認知症の大切な予防法~予防でGET快適な暮らし~

医者

大注目の成分

医者

社会問題とも成っている認知症は改善方法も幾つか存在していてその中でも食べるやり方が人気で、アマニ油等オメガ3を豊富に含む物は特に手軽でやり易くなってもいます。これらを用いるにしても適量を把握した上で摂取しないと問題となる事も多く、更には運動を含めてバランスを大事にする必要もあるのです。

詳細を確認する...

発症する前の対策が重要

老人

認知症の理解は昔と違って現在では必ずしも絶望視する必要も無くなってきており、最適な対策方法もあるので早く取り入れるほど後の心配を取り除けるのです。これらの方法が人気の理由としては目に見える効果を体感し易い事もありますが、各種の良い成分が見つかって商品としても入手し易く成っている部分にもあるのです。

詳細を確認する...

症状の予防

女性

認知症は日常生活に支障をきたす物忘れをする状態をいい、痴呆症ともよぼれています。完治する治療法がないため、発症しないための対策を行う必要があります。脳を使った他人とコミュニケーションをとれる囲碁や将棋はお勧めです。

詳細を確認する...

治す意識をする

医者

レビー小体型認知症の患者数は認知症患者の約2割です。この認知症の症状は物の幻視が大きな特徴だと言われています。見えるものはそこには存在しない子供の姿や虫や蛇などです。言葉が話せる場合は「蛇がいる」とか「子供がいる」と言って訴えます。「ここに虫がいるから追い払ってほしい」と訴えますが「何もいないですよ」と答えるのは良くありません。介護者は本人の身になって一緒に追い払ってあげる動作をしましょう。「虫を追い払ったからもう大丈夫ですよ」と安心させることが必要です。レビー小体型認知症の患者は普段から医師の処方する薬を服薬しています。しかし幻視の症状が激しい場合は介護者は気を付けなければなりません。ベッドに寝ている場合は転落の危険もありますので見守りが必要になります。転落して骨折などすれば更に状態はひどくなりますので医師から処方されている不穏持薬を服薬することも必要です。夜間時にこの症状がひどくなる場合が多いので特に注意が必要です。

こういった認知症患者もいますが、他にも様々な認知症の種類があります。どの場合でも、以前の行動の記憶がなくなるといったことが増えます。この認知症になる人は日本でも増えてきているので、普段から予防することが大切です。いまは認知症予防に期待されているサプリメントも多数販売されているので、若いときから意識して摂取しておくといいでしょう。中でもオメガ脂肪酸やビタミンB12、水素といった成分が予防に効果的と言われています。